木幡でサンシュウキン

縦に手早いサッカーという結果、位置付けハーフの選手いるのですが、そっちの選手をね。きちんとしたウインガーであると、頂点最良なんですけれどもね。
理想は、正直、今はいない浦和にいた選手。
全国筆頭におけるヘルタ・ベルリンの原口が左手。右側は、ドイツ2部で決してスタートのない関根であれば、半ばフォワードに興梠あるいはラファがいれば、本当に力強いだろうとね。おもう場合ね。
そんなになってくれたら、中盤とかは多少守備に専念できるのでしょうけれども、本当に、それは弱いのでしょうからね。そう言う空理空論はここまでとしておいて、マリノスの外人に申告をかける同様ね。
HP
あとは、高木ですね。彼のドリブルといった、あとは無料キックの用量というのをね。生かさればとも想うけれどもね。
となれば、ダディーの野球評論家、元大洋の選手だった高木豊さんも喜ぶのかな?って思ってはいますけれどもね。
翌年はACLないから敢然と戦法構築してほしいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です